BTOパソコンショップを比較レビュー

BTOパソコンショップ比較レビュー!おすすめは?【価格と評判で選ぶ】

私も経験あるのですが、他の誰かのBTOパソコンショップのおすすめって、なんだかしっくりこないことってありませんか?

 

安いほうが確かにいいんですけど、性能や機能も必要だし、かといってちょうどいいところでスペックを決めるって本当に難しいですよね。

 

そこで、私がBTOでPCを買ったときの体験談(失敗と成功)を交えて、ショップの選び方やおすすめをご紹介していきます。

 

目次

  1. 2017年の人気ランキングBEST3
  2. BTOショップの口コミ・体験談
  3. BTOショップのメリットとデメリット
  4. BTOパソコン通販の使い方
  5. BTOパソコンの注意点
  6. BTOパソコン選び一問一答チェック
  7. まとめBTOパソコンショップレビュー

2017年BTOランキングBEST3

安さと自由度の高さで人気
ドスパラは老舗のDOS/Vパーツショップ。特にBTOに参入した時期も早く古くからのファンも多い人気ショップブランドです。ショップブランドといっても全国に店舗を展開しさらに通販でも営業を行っているため、すでに一つのメーカーといってもよい規模の信頼できるお店です。基本ラインアップも豊富で非常に低価格な省スペースマシンから、ゲーム専用のハイスペックマシン、サーバ、ワークステーション、そしてノートパソコンまで幅広く選ぶことができます。ゲームパソコンは様々なゲームの推奨モデルが用意されています。どのモデルを選んでもカスタマイズで静音パックを選択することができるので、お気に入りのPCを静音化可能など、人気の高さも納得のおすすめショップです。
送料 1台あたり2,000円(税別)
出荷 最短当日~2日程度
保障期間 1年間無料+最大3年までの延長保証
支払方法 JNB(ジャパンネット銀行)リンク決済、銀行振込(三菱東京UFJ銀行)、クレジットカード、コンビニ決済、ATM決済 (ペイジー決済)、銀行ネット決済、代金引き換え、分割払い(ショッピングクレジット)
コストパフォーマンスのよさに注目
マウスコンピューターは低価格で性能の高いPCが購入できるコストパフォーマンスの高いショップブランド。ラインアップも超激安なものから、家庭で使うAV機、3D性能の高いハイエンドのゲーム向けブランドとしてG-Tuneが用意されるなど幅広く展開されています。デスクトップタイプではOS付きで39,900円~、液晶モニタがセットになったものでも49,980円と非常にリーズナブルな価格設定になっています。組み立ては国内生産でクオリティも高く、全国に店舗を構えているためショップブランドというよりもPCメーカーに近い存在です。BTOメニューは基本セットごとに性能や価格、そのタイプなどがわかりやすく分類されていますから、初めての方でもわかりやすい作りになっています。
送料 1台あたり3,000円(税別)
出荷 最短翌日~1週間程度
保障期間 1年間無料+最大3年までの延長保証+追加保障
支払方法 銀行振込、代金引換便、コンビニ決済、クレジットカード、ショッピングローン(ジャックス)
知る人ぞ知る人気のBTOブランド
BTO通販専門のサイコムは、知名度は低いですが、まさに知る人ぞ知るといった隠れた人気のBTOブランド。サイコムで取り扱っているPCの販売台数のおよそ半分が官公庁や学校などの教育機関であるという導入実績がその品質と信頼性の高さ、そしてサポートの充実を物語っています。ショップブランドですがそのラインアップは省スペースPCやキューブPCから高性能のハイエンドモデル、ゲーム用のハイスペックモデルそして特別な静音パソコンまで豊富にそろっているのが特徴です。低価格で信頼性が高いことを重視しているため、パーツの選択肢は少なめですが、納期も早く安心して使えるブランドとして初心者の方から上級者の方まで幅広い方におすすめする当サイトイチオシのショップです。
送料 1台あたり1,500円(税込)ヤマト運輸
出荷 3日~1週間程度
保障期間 1年間無料+最大3年までの延長保証
支払方法 銀行・郵便口座振込、代金引換、セブンイレブンでのお支払い、クレジットカードでのお支払い、ショッピングローン

BTOショップの口コミ・体験談はこちら

当サイトに送られてきた、主に都心部で展開している有名ショップの口コミがこちらになります。

 


★★★★☆

ツクモ


手持ちのパーツを再利用してソコソコの性能りパソコンを安くを作ろうと思ったため。
将来的にはゲーム用にビデオカードなどを拡張して、自分に合ったスペックにしやすいという思いもありました。

店をえらんだ決め手は、元々パーツなどで馴染みがあった店で、ポイントカードも持っていたため。
実際に購入すると、アマゾンなどに比べてしまうと、決裁などがしにくい感じがしました。

商品の発送も、パーツによっては配達日数が異なっていたりして、少し不安定だったように思う。品物としては必要十分なものだったと考えています。

オマケで湯飲みをもらったのが、少しうれしかったのですが、アニメ調のキャラのモノを選択肢なしに全員に送るので、どんなものなのかの内容の確認などがあれば、最初から、いらないと言う人もいるのだろうなぁと思いました。

20代 男性

 


★★★★☆

アプライド


BTOパソコンを購入しようと思った理由

メーカー製PCは、購入時に余計なソフトが入っていたりしてそれを削除する手間が面倒で、それならば自分でOSのインストールから始められるBTOの方が良いと思ったからです。

また、値段も比較的安くて高性能なのも決め手でした。

自作でも良いのですが、自分でパーツを揃えた場合の値段を考えると、結局BTOパソコンとあまり変わらないし、パーツの相性問題が予めチェックされているであろう事を考えると、BTOの方が安心だと考えました。

実際届いたパソコンは非常に快適で、BTOを選択した事は満足しています。

こうなれば良いなという点ですが、もう少しパーツ変更した際の追加料金を下げて欲しいです。追加料金が普通にパーツを買った時の値段より高かったので、グラフィックボードに関してはGPU内蔵モデルを選択し、自分で後から取り付けてしまいました。

30代 男性

 


★★★★☆

DELL


ここ数年、会社で使うパソコンはDELLのBTOパソコンにしています。

BTOパソコンの良いところは、用途に合わせて無駄を省き、コストに見合ったパソコンを選んで買えるところです。パソコンに精通しているのなら、パーツごとに精査して購入することもできますが、

「それなりのモノで十分」という場合、BTOはある程度はショップが方向性を示してくれるので、選ぶ際にも迷わなくて助かります。

そのうえで私はDELLのパソコンを買っているのですが、一番のメリットは何よりも世界的なメーカーであること。

世界中で使われているパソコンなので信頼性は抜群。いろいろ口やかましい総務でも稟議書がすぐに通ります。そして、アフターサービスも抜群です(ただし、アフターサービスもBTOで購入時に選択する必要があります)。

パソコンが壊れたので修理を依頼したところ、翌日にはサービスマンが会社を訪れて、その場で修理。即日、パソコンが使えるようになりました。

このフットワークの早さとブランド力は、さすがはグローバル企業!
BTOの魅力はもちろん、価格や性能だけでは表せないサービスも含めて、私はDELLのパソコンを選んでいます。

30代 男性

 


★★★★☆

グッドウィル


理由は2点あります。

1点目は、以前にNECのデスクトップパソコンを購入したことがあるのですが
不必要な無料ソフトが最初からいくつかインストールされていました。
削除して使っていましたが、再セットアップしてもデフォルトで入ってきました。

使わないソフトが入っているだけで嫌でしたし
無駄なソフトが入ることで、パソコンの速度が遅くなると思ったため、
そういったもののないBTOを選択しました。

2点目は、自分でパーツをある程度は選べることが出来るのが魅力だったからです。
パーツを選べるという点では、全て自作するという方法も考えられるのですが
パーツの相性保証もありませんし、そもそも組み立てに時間が掛かるので面倒です。
BTOなら組み立てられた状態で届くのがお手軽です。

また、選択できるパーツは限られますが、ある程度のパーツで妥協できたことと
それでも満足できなければ、後付けで自分でパーツを交換すればいいと考えていました。

上記のような理由から、選びました。
今後もBTOで購入しようと考えています。

30代 男性

 


★★★★☆

九十九電機


九十九電機にてデスクトップを購入しました。

大手量販店に置いてあるものは、すでにノートパソコンが主流で価格や機能を考えても少し割高だと思うのが、一番の理由です。そして、必要以上に付いてくる付属ソフトも必要ありません。

また、先々の拡張性も考え、使用されているベースボードを中心にして自分にあった組み合わせが選べるというところも購入のきっかけとして大きく、デスクトップパソコンを買う時はいつもBTOパソコンにしています。

購入以降は、良いグラフィックボードが発売された時に2度ほど載せ替え、現在5年以上使っていますが大きな故障もありませんし、OSのWindows Xpがまだ現役だという要因も大きいですが、大変良い買い物だったと思っています。

30代 男性

 


★★★★☆

九十九


BTOパソコンを購入した理由は、自分の好みのスペック、カスタマイズが自由にできることとそしてそれに見合った価格からです。

基本的にPCも国産メーカーが好きですし国産ブランドを信用してます。ですが、大手国産メーカーはなぜ不要なソフトを山の程入れて販売するのでしょうか?

既製品ですからカスタマイズは自由に出来ないのは致し方ないとしても、まったく使い道もなければ使うことすらないだろう無意味なソフトが山の程入っています。

ソフトメーカーとタイアップでプリインストールまでは分からないでもないですが、その分安くなっている訳でもなく、気に入ったとして使い続けるには別料金が発生します。

大手国産メーカーからOSのみインストールもしくはまっさら状態の商品が出たとしたら間違いなくそちらを選びますが、そうでない以上、自分の好きなように選べるBTOパソコンを使います。

40代 男性

 


★★★★☆

twotop


一番の理由はそのカスタマイズ性。メーカー品ではこなせないメモリ増設、HDD増設、グラボ変更、CPU変更といった細かいところまで好みに応じて選択することができる。

ゲーム好きな人なら高性能なグラボへ、エンコする人なら64bitで大量メモリへ、といった具合に。

二番目の理由はそのコストパフォーマンス。保証がメーカーよりも若干弱い感じがあるからか、やはり安い。パソコンにはそこまで疎くないので、問題が起こっても自分で対処できるし、後でパーツ交換などをしたくなることもあるから、別に保証はなくても困らないと思った。

もし壊れたとしても、そのパーツを持って行ったり、送ったりするのが面倒なので自分で対処するつもりであった。このような理由でコストパフォーマンスが高いのは魅力的であった。

最後に、パソコンは年々性能が上がっていくものであるから、初期投資は安く抑え、後から付け足していくのが一番であると思う。BTOはそういう点を踏まえるとやはりいいものだ。

20代 男性

 


★★★★☆

ゲートウェイ


BTOパソコンにした一番の理由はメーカー製パソコンだと余計なおまけソフトがたくさん付いてくるからです。

使用するソフトならいいですが、使わないソフトなら無駄にHDDの容量を食うし、レジストリを使用するソフトならレジストリも増加して起動時間が長くなります。また、パソコン起動時に同時に立ち上がって裏で動いているおまけソフトの場合、その分メモリも使ってウィンドウズの動作が重くなります。

HDDの容量を食うってことはCドライブをバックアップする場合にもその分時間が掛かるってことでもあります。当然復旧時にも余分な時間が掛かるようになります。

BTOパソコンは余計なソフトがない分起動は早いし、スタートメニューやデスクトップ画面もすっきりしていて気持ちいいです。

40代 男性

 


★★★★☆

DELL


パソコンを使っているとほしい部分や不要な部分があり、その不要な部分にお金を払うよりは自分でカスタマイズできるということに魅力を感じたためBTOパソコンを購入しました。

モニタも決まったものではなく、いくつかの候補から自分でサイズやメーカーを選べるのも魅力を感じました。

通販で購入しましたが、性能やパソコン自体には不満はありませんでしたが、一番のネックは届くまでに時間がかかることでした。今まで使っていたパソコンが不調になってから注文したので、新しいパソコンが届くまでが非常に待ち遠しかったです。早めの購入が大事だとは痛感しました。

一度起動しなくなりましたが、保障に入っていたこともあってか、適切に修理をしてもらい満足しています。

30代 女性

 


★★★★☆

ソニーストア


VAIOオーナーメードモデルを購入しました。

メーカーPCということで割高になるのかな?と思いましたが、いらないソフトを抜けば、ドスパラやサイコムなどのお店と同じくらいの値段でした。高デザイン、地デジ内蔵、アフターサービスの充実と、値段の安さを両立したいと思いBTOを選びました。

メーカーPCということで、デザインがよく、地デジが使いやすく、液晶の質もよい。アフターサービスもしっかりしていました。

欠点としては値段がコロコロ変わること、毎週のようにベース価格が乱高下します。

また、注文から発送まで2週間前後かかりました。

その上注文時の期日から1日遅れると連絡があり、予定が少し狂いました。保証として3000円分のソニーストアクーポンを頂いたのでそのあたりの対応はよいと思いました。

20代 男性

 


★★★★☆

DELL


4年ほど前、お金がなくて、できるだけ安いパソコンを探していました。

BTOパソコンは必要なものだけカスタマイズすればかなり安くなるので、いろいろ検討してDELLに決めました。

BTOパソコンは初めてだったので、ホームページで検討して、電話で購入しました。

電話したら中国人が出て、日本語はうまいけれど、発音が怪しかったので少し不安になりました。

でも、こちらの言うことはちゃんと通じているみたいだったので、まぁいいかとう感じでした。

標準で付いているウイルスソフトを外せないか等相談しながらカスタマイズしました。

保障期間の延長の料金が高かったけれど、結果としてかなり安い金額でノートパソコンを購入でき、満足しています。

30代 女性

 

BTOショップのメリットとデメリット

BTOショップを利用する際のメリットとデメリットについてまとめました。

 

◎メリット

  • とにかく価格が安い
  • 自由にカスタマイズができる
  • 構成が選べるから必要な機能を必要な分だけ付ければいいのでコスパがいい
  • 使わないソフトが勝手にインストールされないのでスッキリする

 

×デメリット

  • PCでやることが具体的に決まっていないと選べない
  • 自由度が高く選択肢が多いというメリットが、選ぶ基準を持っていないパソコン初心者にとっては逆に「決められない」というデメリットになる
  • ノートPCのラインナップが弱い

 

コスパの良さと自由度の高さがBTOの魅力なのは間違いないと思います。

 

ただし、
「目的が決まっていて」「それを実現するために何が必要か」の二つが分かっていないと選べないという点は注意しないとダメですね。
初心者に限らずPC上級者でも、目的が決まっていないと適切なスペックが決まらないので、時間だけが過ぎていってしまいます。(それはそれで楽しいんですけどね!)

 

BTOパソコン通販の使い方

BTOでPCを通販するときは、やり方がよくわからなくて不安になると思います。

 

そこで、個人的にお世話になっているドスパラさんを例にして、実際に通販で買う直前まで行ってみようと思います。

 

自宅で、ネットやメール、動画配信の視聴、ワードやエクセルといった簡単な事務処理といった目的で自宅用PCを選んでみたいと思います。

 

BTOでパソコンを発注する流れを解説

 

今使っているPCを買ったドスパラで購入直前まで進めてみたいと思います。初めての方は、どうやってカスタマイズするのかという雰囲気がつかめるとおもいます。

 

画面を開きながら、一緒に流れを追っていくのがおすすめです。

 

1.どのタイプのPCにするか決める

 

まずは、ドスパラ公式サイト

 

BTOパソコンショップ比較レビュー!おすすめは?【価格と評判で選ぶ】

 

自宅の机で大きなモニターを置いてじっくり見たいので、デスクトップを選びます。

 

 

BTOパソコンショップ比較レビュー!おすすめは?【価格と評判で選ぶ】

 

ゲームをやったり、ハードディスクを4つも5つも増設するような予定もないので、シンプルかつそこそこの拡張性もあるミニタワーを選びます。

 

 

BTOパソコンショップ比較レビュー!おすすめは?【価格と評判で選ぶ】

 

価格だけを追求するならもっと安くできるのですが、ホームページみながら何か別の作業をしたり動画をみたりする使い方もあるので、セレロンという安価なCPUではなくCorei3を選びました。余裕をもって…という意図が大きいので、実はここも最初のカスタマイズ要素ですね。

 

 

BTOパソコンショップ比較レビュー!おすすめは?【価格と評判で選ぶ】

 

選んだ基本構成とその場合のお値段が表示されています。
このモデルは、セキュリティソフトが1年分無料になっていてお値段以上のお得感があります。
オプションの価値は、自分に必要なものだけを加算していくのが、後悔しないためのコツになりますよ!

 

 

BTOパソコンショップ比較レビュー!おすすめは?【価格と評判で選ぶ】

 

さて、ここからいよいよ本格的なカスタマイズのスタートです。
山ほど項目がありますが、今回の自宅で、ネットやメール、動画配信の視聴、ワードやエクセルといった簡単な事務処理といった目的を考えると、カスタマイズする余地のある項目は、メモリと記憶メディアぐらいですね。

 

OSはWindows10 homeで問題ないですし、オフィスソフトは、Office 365 soloを使うので不要です。

 

 

BTOパソコンショップ比較レビュー!おすすめは?【価格と評判で選ぶ】

 

今回は、記憶メディアをHDDからSSDにします。前の前に買ったパソコンではじめてSSDを体験して以来、HDDには戻れなくなりました。CPUやメモリがPCの性能としてよく比較されますが、SSD化は効果が実感しやすいと思います。(逆にすでにSSD化されたパソコンを使っている方がHDDにするとストレスがたまると思います。)

 

 

BTOパソコンショップ比較レビュー!おすすめは?【価格と評判で選ぶ】

 

最後にメモリを4G×2の8Gに変更します。
メモリは4Gぐらいあれば大丈夫ですが、8Gあるとながら作業のときも安心で快適です。

 

この他にも、いろんな項目がありますがココでカスタマイズは終了です。
実際の購入に進む場合は、画面をずっと下にスクロールして、色々な確認事項をチェックしたあと購入ボタンを押してください。
ひとまず、今回はここまで。

 

ありがとうございました。

 

 

安さと自由度の高さで人気
ドスパラは老舗のDOS/Vパーツショップ。特にBTOに参入した時期も早く古くからのファンも多い人気ショップブランドです。ショップブランドといっても全国に店舗を展開しさらに通販でも営業を行っているため、すでに一つのメーカーといってもよい規模の信頼できるお店です。基本ラインアップも豊富で非常に低価格な省スペースマシンから、ゲーム専用のハイスペックマシン、サーバ、ワークステーション、そしてノートPCまで幅広く選ぶことができます。ゲームPCは様々なゲームの推奨モデルが用意されています。どのモデルを選んでもカスタマイズで静音パックを選択することができるので、お気に入りのPCを静音化可能など、人気の高さも納得のおすすめショップです。
送料1台あたり2,000円(税別)
出荷最短当日~2日程度
保障期間1年間無料+最大3年までの延長保証
支払方法JNB(ジャパンネット銀行)リンク決済、銀行振込(三菱東京UFJ銀行)、クレジットカード、コンビニ決済、ATM決済 (ペイジー決済)、銀行ネット決済、代金引き換え、分割払い(ショッピングクレジット)

 

BTOパソコンの注意点

BTOで購入するときの比較ポイントや注意点をいくつか挙げておきます。

 

「全部」揃っていません

 

BTOは、初心者が当たり前だと思っているPCの構成にはなっていません。
ノートはそれだけで動くようになっていますが、デスクトップの場合は気を付けておく必要があります。
例えば、

 

  1. OS
  2. CD・DVD・Blu-rayを読み込む光学ドライブ
  3. キーボード・マウスといった入力機器
  4. モニター

 

これらは、基本的に別です。
持っていないものや足りないものがあれば、オプションで追加したり別途購入して準備しておく必要があります。

 

納期について

 

BTOは、基本的に発注を受けてから組み立てを行い、出荷します。
実際に届くまでには、ある程度時間がかかることは覚えておきましょう。

 

とはいえ、大きなメーカーやショップでは、即納モデルといった納期の早いラインもあります。
注文が多い人気の構成の場合が多いので、急ぎの時には重宝しますよ。

 

保障は1年が基本

 

保障期間は、1年が基本で3年程度の長期になると有料オプションを申し込みする必要があります。
特に、ゲームPCなど高額な構成にする場合はチェックしておくといいでしょう。

 

BTOパソコン選び一問一答チェック

BTOパソコンを検討するときに使える一問一答をQ&A形式でまとめてみました。
質問に答えながらチェックしてみてください。

 

1.ノートとデスクトップの違いって何?

 

基本的には、

  • 持ち歩きできるコンパクトなノート
  • 同価格の場合、性能と拡張性に優れたデスクトップ

という図式になります。

 

ノートとデスクトップの特徴を表にまとめました。
それぞれの項目のどれを自分が重視するかをチェックしてみましょう。

 

- ノート デスクトップ
省スペース 持ち運びが出来る 専用スペースが必要
お手軽さ
快適さ
ゲーム向き
コスパ 低価格帯◎ 高価格帯◎

 

2.BTOってすぐ壊れるって本当?

これについては、特にそういうことはありません。
大手メーカーは実績に伴う信頼「感」があり、日本のメーカーの品質が高いのは確かだと思います。
しかし、そこと比較して実際にどうなのかは言えないと思います。

 

私自身、今までPCを5台ほど買っていますが、メーカーだから、BTOだから、といったことはありませんでした。

 

信頼感というイメージの話ではなく、実際に壊れにくくするためにひとつ気を付けておくとすると、
高機能のグラフィックボードなど、熱を持つパーツを選ぶときは、冷却システムについても同じぐらいよく検討する必要があるということです。

 

夏場にクーラーのない部屋で使っていたり、環境的に熱に弱い場合は壊れやすくなります。

 

3.インテルとAMDのCPUって何が違うの?

 

インテルのCPUが主流で、AMDは少しマニアックというイメージのようです。

 

BTOで購入したPCやメーカー製のPCはインテル製でしたが、以前パソコンを自作したときにAMDのCPUを使ったことがあります。
その時は、CPU以外のパーツの相性があったりして結構よく調べる必要があったりして大変でしたが、性能に対してすごくコスパのよいパソコンが作れたのを覚えています。

 

自分の自作の経験は10年ほど前のことですが、今作っている人達の考え方もだいたい同じようですし、CPUの性能表と価格表を見てみても同じような傾向があります。こだわり派の方や、CPUに対して深い知識のある方、安さを追求したい方にとってはAMDのCPUも選択肢になるでしょう。

 

あと、AMD版のCPUには、最近ではすっかり当たり前になったGPU内蔵タイプではないものもあります。BTOの場合はグラフィック内臓タイプでないCPUを選んだ場合は、グラフィックボードを選ぶことになるので、動かないPCを作ってしまうような心配はありませんが、一応注意しておきましょう。

 

4.nvidiaとAMDのGPU(グラフィックボード)って何が違うの?

 

nvidiaのGeForceシリーズ、AMDのRADEONシリーズがBTOではグラフィックの選択肢となります。
グラフィック内臓のCPUが主流ですから、一般的な使用ではグラフィックボード自体不要ですが、ゲームなど3D表示を追求する場合には必要になります。

 

よく選ばれているのは、nvidiaのGeForceシリーズのほうです。
BTOショップのいわゆるゲーム推奨モデルでもほとんどはGeForce搭載が多いと思います。

 

そういう意味で、情報が多いため安定の選択肢とは言えると思います。

 

もし、やりたいゲームのためにPCを購入する場合はこのような推奨PCを選んだり、ゲームの公式サイトにある推奨条件をクリアしているかどうかで選ぶのもいいでしょう。

 

人気・売れ筋の製品について

 

nvidiaのラインナップとしては
Titan Xp
Titan X
GeForce GTX 1080 Ti
GeForce GTX 1080
GeForce GTX TITAN Z
GeForce GTX 1070
Geforce GTX 1060
Geforce GTX 1060
Geforce GTX 970

 

などが注目されています。

 

AMDのラインナップとしては
Radeon R9 290X
Radeon R9 280X
Radeon R9 380X

 

などが注目でしょうか。
グラフィックについては、ベンチマークなどのデータを元に比較しているような専門サイトもありますから、興味がある方は調べてみるのもいいかもしれません。

 

ゲームで選ぶならこんな記事も参考になると思います。
参考リンク ⇒ PUBGが遊べるBTOパソコンのスペックは?

 

5.カスタマイズってやらないとダメなの?

 

BTOのメリットとしてカスタマイズ要素が挙げられるのですが、別に初期構成から変更をする必要はありません。

 

  • PCを買うのは初めてでもないけど、そんなに詳しいわけでもない。
  • そこまで、機能に情熱があるわけでもない。

 

という方も多いと思います。
特に、コスパ重視の場合は初期構成のままにしておくというのは、賢い選び方ですね。

 

6.ただ安く買いたいんだけど価格重視でBTOはダメ?

 

最近では中国・台湾系のPCメーカーが格段に安くなってきていますが、安さを求めるならBTOという選択はまだまだ有力です。

 

例えば、サイコムのようないいパーツで組むタイプのお店だと高くなりがちですが、ドスパラやマウスといった最大手のショップでSSD搭載のノートPCが4万円を切るお値段で売っていたりもします。

 

7.ソフトウェアは別で買ったほうがいいの?

 

だいたい、PC購入時に検討するソフトと言えば

 

  1. OS
  2. ウィルス対策ソフト
  3. オフィスソフト

 

この3つだと思います。早速見ていきましょう。

 

OSは同梱版かインストール済みがオススメ

 

まず、一緒に購入したほうがいいのは「OS」です。
OSは基本的に、本体と一緒に買うと安くなります。

 

細かいところまでいうと、OS(Windows)の場合、通常の製品以外にOEM版とDSP版という2種類があって、OEM版はインストールしたパソコンに1代付属するタイプで、DSP版はハードウェアとセット購入するタイプになります。

 

いずれにせよ通常の製品より安くなるので必要でしたら選んでおきましょう。

 

ウィルス対策ソフトは、別購入がおすすめ

 

初期インストールオプションで選ばれているソフトは、おそらくマカフィーの台数無限版だと思われます。
しかし、ネットのショップで軽快動作で人気のESETなど他のソフトのほうが安く買えることがあります。
また、鉄壁のセキュリティという点ではカスペルスキーなども検討したいところです。

 

台数無制限という点で、家族で使っている人やスマホなども含めてたくさん対策が必要な方にはおすすめですが、ウィルス対策ソフトとしての性能の部分と価格のバランスで他のソフトの方がいいかなという印象です。

 

あと(これが決定的な理由ですが)、同じ製品がアマゾンでもっと安く買えます

 

オフィスソフトは場合によります

 

BTOで買った場合、オフィスソフトは、KINGSOFTのWPS Office、Microsoft Office Premiumの2つのどちらかだと思います。
価格だけで言えば、WPS Office圧勝ですが、互換性の問題でMS Officeシリーズでなければダメという方も多いのではないでしょうか?

 

その場合ですが、Microsoft Office Premiumの他に、Office365も合わせて検討しておくといいでしょう。
価格とポイントをまとめておいたので参考にどうぞ

 

- Home and Business Premium Office 365 Solo
インストール台数 購入したPCのみ PC2台
インストールPCは変更可
MacもOK
スマホ・タブレット対応 2台まで
1年間無料
2台まで
利用期間中無料
ソフトの種類 Word/Excel/Outlook/PowerPoint/OneNote Word/Excel/Outlook/PowerPoint/OneNote/Publisher(Windowsのみ)/Access(Windowsのみ)
価格 23,900円買い切り
Access・Publisher付きでOffice365と同じ構成の場合46,900円買い切り
12,744円/1年
1TB OneDrive
オンライン ストレージ
1年間無料 利用期間中無料

 

まとめBTOパソコンショップレビュー

マウスコンピューターやドスパラは結構有名ですよね

 

BTOパソコンは、扱いとしては「ノーブランド」となりますが、BTOパソコンの販売を専門としているメーカーも数多くあります。このようなBTOメーカーはパソコンだけでなく、パソコンの部品も取り扱っていることが多く、パソコンのスペックアップがしたい、パソコンの壊れた部品を修理したい、自力で自作したいと言った方にも多く利用されています。つまり、BTOメーカーは常時大量の部品在庫を確保しているため、注文に応じてパソコンを組み上げ、納品することが可能なのです。

 

BTOパソコンを専門に取り扱うメーカーとして有名なのが「ドスパラ」「パソコン工房」「フロンティア」「エプソンダイレクト」「マウスコンピューター」などです。多くの方がご存知のプリンターで有名な「エプソン」が運営する「エプソンダイレクト」や、最近は家電量販店でも見かけるようになった「マウスコンピューター」などは知っている方もおられるかもしれませんが、こちらもBTOパソコンの取り扱いがされており、自由にカスタマイズをしてパソコンを購入することが出来ます。

 

また、パソコンを触る上で誰もが聞いたことのあるかと思われる「DELL」も元々はBTOパソコンとして有名なメーカーであり、現在もなお安価でありながらハイスペックなパソコンを多数リリースしています。

 

BTOメーカーの中には、Windows自体がまだマイナーなOSだったころ(PC98などの20年近く昔のパソコンが主流だった時代)からBTOパソコンメーカーとして展開しており、パソコンの上級者の方やパソコン歴の長い方にとってはおなじみのメーカーであると言うところもあります。現在も大きな電気街などで実店舗を運営しているところも多く、足を運べば即日でカスタマイズをしてもらって購入することも可能です。

 

有名なBTOパソコンメーカーを選ぶメリットとしては、なんと言ってもその組み立ての信頼性の高さと言えます。ノーブランドかつ安価で購入出来ると言う事から不安を持つ方もおられますが、決してそんなことは無く、パソコンに精通したスタッフが注文に応じて最も適した部品を選び、正確に組んでもらえること、万が一不具合が出ても保証制度が充実しているため、対応が早いなど、一般的なパソコンメーカーでも出来ないことでも難なく応じてもらえます。特に始めてBTOパソコンを注文する際は、まずは有名メーカーを選ぶことで失敗することはほとんどなくなるでしょう。

 

2017年BTOランキングBEST3

安さと自由度の高さで人気
ドスパラは老舗のDOS/Vパーツショップ。特にBTOに参入した時期も早く古くからのファンも多い人気ショップブランドです。ショップブランドといっても全国に店舗を展開しさらに通販でも営業を行っているため、すでに一つのメーカーといってもよい規模の信頼できるお店です。基本ラインアップも豊富で非常に低価格な省スペースマシンから、ゲーム専用のハイスペックマシン、サーバ、ワークステーション、そしてノートパソコンまで幅広く選ぶことができます。ゲームパソコンは様々なゲームの推奨モデルが用意されています。どのモデルを選んでもカスタマイズで静音パックを選択することができるので、お気に入りのPCを静音化可能など、人気の高さも納得のおすすめショップです。
送料 1台あたり2,000円(税別)
出荷 最短当日~2日程度
保障期間 1年間無料+最大3年までの延長保証
支払方法 JNB(ジャパンネット銀行)リンク決済、銀行振込(三菱東京UFJ銀行)、クレジットカード、コンビニ決済、ATM決済 (ペイジー決済)、銀行ネット決済、代金引き換え、分割払い(ショッピングクレジット)
コストパフォーマンスのよさに注目
マウスコンピューターは低価格で性能の高いPCが購入できるコストパフォーマンスの高いショップブランド。ラインアップも超激安なものから、家庭で使うAV機、3D性能の高いハイエンドのゲーム向けブランドとしてG-Tuneが用意されるなど幅広く展開されています。デスクトップタイプではOS付きで39,900円~、液晶モニタがセットになったものでも49,980円と非常にリーズナブルな価格設定になっています。組み立ては国内生産でクオリティも高く、全国に店舗を構えているためショップブランドというよりもPCメーカーに近い存在です。BTOメニューは基本セットごとに性能や価格、そのタイプなどがわかりやすく分類されていますから、初めての方でもわかりやすい作りになっています。
送料 1台あたり3,000円(税別)
出荷 最短翌日~1週間程度
保障期間 1年間無料+最大3年までの延長保証+追加保障
支払方法 銀行振込、代金引換便、コンビニ決済、クレジットカード、ショッピングローン(ジャックス)
知る人ぞ知る人気のBTOブランド
BTO通販専門のサイコムは、知名度は低いですが、まさに知る人ぞ知るといった隠れた人気のBTOブランド。サイコムで取り扱っているPCの販売台数のおよそ半分が官公庁や学校などの教育機関であるという導入実績がその品質と信頼性の高さ、そしてサポートの充実を物語っています。ショップブランドですがそのラインアップは省スペースPCやキューブPCから高性能のハイエンドモデル、ゲーム用のハイスペックモデルそして特別な静音パソコンまで豊富にそろっているのが特徴です。低価格で信頼性が高いことを重視しているため、パーツの選択肢は少なめですが、納期も早く安心して使えるブランドとして初心者の方から上級者の方まで幅広い方におすすめする当サイトイチオシのショップです。
送料 1台あたり1,500円(税込)ヤマト運輸
出荷 3日~1週間程度
保障期間 1年間無料+最大3年までの延長保証
支払方法 銀行・郵便口座振込、代金引換、セブンイレブンでのお支払い、クレジットカードでのお支払い、ショッピングローン

BTOパソコンショップ比較レビュー!おすすめは?【価格と評判で選ぶ】記事一覧

ドスパラ安さと自由度の高さで人気ドスパラは老舗のDOS/Vパーツショップ。特にBTOに参入した時期も早く古くからのファンも多い人気ショップブランドです。ショップブランドといっても全国に店舗を展開しさらに通販でも営業を行っているため、すでに一つのメーカーといってもよい規模の信頼できるお店です。基本ラインアップも豊富で非常に低価格な省スペースマシンから、ゲーム専用のハイスペックマシン、サーバ、ワークス...

マウスコンピューターコストパフォーマンスのよさに注目マウスコンピューターは低価格で性能の高いPCが購入できるコストパフォーマンスの高いショップブランド。ラインアップも超激安なものから、家庭で使うAV機、3D性能の高いハイエンドのゲーム向けブランドとしてG-Tuneが用意されるなど幅広く展開されています。デスクトップタイプではOS付きで39,900円~、液晶モニタがセットになったものでも49,980...

ヒューレットパッカード世界シェアナンバーワンHP Directplus はプリンターやデスクトップパソコンで世界ナンバーワンのシェアを誇るヒューレットパッカードの直販サイト。高性能でしかも低価格を実現するコストパフォーマンスの高さに定評があり、特にノートは同性能の他の国内メーカーの製品と比べて一段と格安な値段設定がされています。また筐体の洗練されたデザイン性の高さにも定評があり、禅をモチーフとした...

サイコム知る人ぞ知る人気のBTOブランドBTO通販専門のサイコムは、知名度は低いですが、まさに知る人ぞ知るといった隠れた人気のBTOブランド。サイコムで取り扱っているPCの販売台数のおよそ半分が官公庁や学校などの教育機関であるという導入実績がその品質と信頼性の高さ、そしてサポートの充実を物語っています。ショップブランドですがそのラインアップは省スペースPCやキューブPCから高性能のハイエンドモデル...

レノボノートパソコンの定番ブランドIBMの製品を受け継いだレノボ (Lenovo)は、HP、DELLに次ぐ世界第3位のメーカーです。堅牢さと信頼性の高さで古くから人気のあるノートパソコンThinkPadシリーズがBTOで購入できます。ノートパソコンですからカスタマイズ性はあまり高くはありませんが、ノートパソコンでもより自分の好みに合った性能のマシンを選ぶことができるというのはこだわり派の人には嬉し...