BTOとは何のため?

BTOとは何のため?

なぜ、あえてBTOを選ぶのか

 

BTOパソコンとは、いわゆる「ノーブランド」のパソコンのことで、一般的な家電製品店などでは取り扱われていない場合がほとんどです。

 

BTOパソコンはショップに注文した後に、それぞれ必要なパーツを組み上げて納品するため、注文から納品までに若干時間はかかるものの、一般メーカーのパソコンでは高額になりがちなスペックのものであっても安価に購入することが出来るのが大きな魅力のひとつと言えるでしょう。

 

特にパソコン中級者以降にもなると、メーカー製のパソコンよりもBTOパソコンの方が使い勝手が良いと言う理由からの購入が多くなっています。

 

BTOパソコンは基本的にはノーブランドと言う扱いとなりますが、品質が劣ることは決してありません。むしろ、好きなようにカスタマイズできると言う点が大きなメリットとなり、有名メーカー製品のものよりも遥かに使い勝手がよく、さらに安価に収まると言うポイントは注目したいところです。

 

場合によっては同一スペックであっても、BTOパソコンであればメーカー製品の半額近い価格で購入することも可能です。

 

また、BTOパソコンの注文の際に欠かせないのが「カスタマイズ」でしょう。パソコンに慣れている方からすれば、必要としている性能に特化したパソコンを作る、不必要な機能を削ぎ落とし、コストを削減すると言うことも簡単です。

 

BTOパソコンと聞くと、「自作パソコン」「自分で組み立てなければならないもの」と誤解される方も多いですが、BTOパソコンを専門で取り扱うショップがインターネット通販を中心に多く存在しており、各公式サイトより、オンライン上でカスタマイズし、注文することが出来ます。

 

実際に物を見てみないと不安な場合でも、実店舗を有しているところがほとんどなので、ショップの場所を調べて足を運んでみるのもいいでしょう。

 

特に最近ではパソコンの価格が大きく下がっており、高スペックのパソコンでも決して手が届かないと言う値段になることも少なくなりました。また、性能も多様化しており、バランス良く様々な作業に使えるものもあれば、スペックを最小限にすることで、必要な作業のみを行うことで3万円台からパソコンを購入すると言うことも可能です。

 

現在、2台目のパソコンを考えている、欲しい機能に特化したパソコンが欲しいと言った場合、一度BTOパソコンを取り扱っているショップサイトなどを見てみてはいかがでしょうか。きっと求めていたパソコンを見つけることが出来るでしょう。

なぜBTOがおすすめなの?

BTOパソコンは、「注文を受けてからパソコンを組み立て販売する(Built To Order、受注生産)」という方法で販売されるパソコンです。この方式のメリットは、在庫を管理する費用や人件費などをカットすることができることです。

 

また、購入する人にとって不要な機能は省く、発注者の希望によっては安い部品に置き換えることができる、などのメリットもあります。そのため、完成品を店頭販売する方式に比べて安価で販売することが可能となります。

 

発注する人にとっては「自分の好きなパーツを組み合わせて、パソコンを作り上げることができる」というメリットもあります。となると「自作パソコンとはどう違うの?」と思ってしまいますよね?

 

自分でパーツを購入して自作する場合には「トラブルが起こった場合も、全て自己責任」になるのですが、BTOパソコンは、メーカーやショップの保証を受けることができます。

 

ただ、今まで「完成品を購入する」ことが普通と思ってきた人や、初めてパソコンを購入するという人にとっては、「どの部品を選べばいいの?」「自分の生活に必要な機能って何?」など混乱するかもしれません。また、BTOパソコンは注文してから、製品が手元に届くまで時間が掛かります(早くても1週間程度、遅ければ1ヶ月など)。

 

そのため、BTOパソコンを購入した経験がある人が身近に居るなら、意見をうかがって参考にするのも良い方法です。業務上、必要なソフトウェアがある場合には、それがスムーズに動作するだけのスペックも必要ですので、注意しましょう。

BTOパソコンに求める条件とは

BTOパソコンに求められる条件にはいくつかありますが、パーツ選びの自由度、そして、保証とアフターサポートがしっかりしていることの3つになるのではないでしょうか?

 

BTOは、メーカー製と自作のいいとこどりな位置にありますから、自作のようなパーツ選びの自由さと、メーカー製ほどまではいかないまでも故障しても安心の保証が付いているというのは非常に大切です。

 

さて、BTOパソコンを購入したいと思っていらっしゃる方は何を重視して購入するパソコンを決定するのでしょうか。性能面であったり、価格であったり、デザインであったり、好きなメーカーであったり、保証やサポート、口コミ情報や評判など様々なポイントがあるはずです。

 

それらを個人で一つ一つ調べ、満足のいくものを探し出すのは大変なことです。特にサポートや口コミ情報についてはなかなか調べるのも難しいのではないでしょうか。

 

そこで、ここでは、数多くあるメーカー製やショップ製のBTOパソコンを比較して特に、信頼でき、コストパフォーマンスの高いおすすめのBTOパソコンをご紹介します。

 

◆ サイコム BTO通販専門ショップのサイコムは信頼性の高さとサポートの充実で人気を集めています。法人や教育機関への納入実績も高くそういった点でも信頼できます。パーツ選択の自由度は若干低めですが、その分トラブルもなく、コストパフォーマンスの高いモデルが格安で購入できます。静音モデルや省スペースモデルなど特徴的なシリーズもラインアップされ、注目です。

 

◆ エプソンダイレクト 口コミによる人気ランキングでは常に上位に入る隠れた人気メーカーがエプソンダイレクトです。無駄を省いたBTOパソコンですからカスタマイズ性の高さと価格も定評があるのですが、なんといってもエプソンは保証とアフターサービスの充実で人気があります。万が一の故障の場合でも保証期間内であれば製品の引取りからすべて無償で修理。修理後、万全であることを確認してから返送など手厚いサポートがあります。

 

◆ マウスコンピューター 激安パソコンから、最新のハイエンドマシンまで格安でラインアップしてあります。どの価格帯のものも他のメーカーと比べると割安でお得感が高く、コストパフォーマンスは最高クラスです。送料が少し高めですがそれを踏まえても格安な水準にあります。

口コミでおすすめのBTOショップは?

BTOショップにも、様々な特徴があり、「自分に必要なことを把握し、それにあわせたショップ選びをする」ということが大切です。たとえば「納期の早いところを選びたい」ならば、BTOショップのWebサイトを閲覧して、短納期と評判のところを選びましょう。

 

中には「7日以内」と表示されているような場合でも、組みあがったパソコンにトラブルがなければ、もっと短い期間で手元に届く、というBTOショップもありますので、よく探しましょう。

 

一方で「デザイン性」などを追求したい人もいるでしょう。パソコンは部屋の中でも目立つ存在ですので、従来の「ゴツゴツ」とした無骨なデザインものよりも、部屋の雰囲気に合わせて選べる、オシャレなパソコンがいい、という意見もあり得るからです。

 

また「子ども用に1台、安価なものを用意したい」「高齢の両親にプレゼントして、メールやテレビ電話などを楽しみたい」という場合には、ユーザサポートが充実しているBTOショップを選ぶことが大切です。

 

なぜなら、子どもや高齢者は、パソコンに慣れている人が考え付かないような、思わぬ行動に出ることがあり、サポートを受けることが必要になるケースもあるのです。

 

「パソコンを壊してしまった」というショックを受けている上に、満足なユーザサポートや保証を受けられず、ショックをさらに受けてしまうことがあれば、パソコンそのものが嫌になってしまいます。

 

そのためには、「サポートが充実している」という評価が高いショップを選び、その人のペースでじっくりと、パソコンに向き合えるように、してあげましょう。

BTOおすすめショップを比較する

BTOおすすめショップのランキングサイトが、インターネットで検索すれば多数あります。また、雑誌などでも比較・ランキングなどが紹介されていいます。私たちが比較結果を参考にするときは「何を比較されているのか?」「何をランキングしたものなのか?」を注意してみる必要があります。「安価でBTOパソコンが手に入る、という観点のランキング」「ノートパソコンなら、どのBTOショップが良いか?」といったランキングなど、様々なものがあるからです。

 

また、ご自身がパソコンを何に使っているか、というのも大切なポイントです。「メールとインターネットができればいい」という人と、クリエイターとしての仕事を、パソコンで行っているという人とでは、必要な性能が異なってきます。BTOショップには「ゲームがストレスなくプレイできる高性能なマシン」が得意なところもありますが、一方で「仕事で使っている人のために、スピード修理を実現する」といったサービスを行っているところなど、特徴がありますので、ご自身に合うBTOショップを選ぶようにしましょう。

 

できれば、雑誌やインターネットでの「ランキングだけ」を見て、いきなり発注するのではなく、自分自身でそのショップのホームページなどを隅々まで閲覧して、納得してから発注することも大切です。店頭に並んでいる完成品を購入するのと違い、BTOパソコンの発注のためには、このような下調べにも時間が掛かりますし、どのようなマシンを組み上げて欲しいのかを考える必要もあります。時間があるときに、じっくり考えるという心構えが、必要となりますね。

2017年BTOランキングBEST3

安さと自由度の高さで人気
ドスパラは老舗のDOS/Vパーツショップ。特にBTOに参入した時期も早く古くからのファンも多い人気ショップブランドです。ショップブランドといっても全国に店舗を展開しさらに通販でも営業を行っているため、すでに一つのメーカーといってもよい規模の信頼できるお店です。基本ラインアップも豊富で非常に低価格な省スペースマシンから、ゲーム専用のハイスペックマシン、サーバ、ワークステーション、そしてノートパソコンまで幅広く選ぶことができます。ゲームパソコンは様々なゲームの推奨モデルが用意されています。どのモデルを選んでもカスタマイズで静音パックを選択することができるので、お気に入りのPCを静音化可能など、人気の高さも納得のおすすめショップです。
送料 1台あたり2,000円(税別)
出荷 最短当日~2日程度
保障期間 1年間無料+最大3年までの延長保証
支払方法 JNB(ジャパンネット銀行)リンク決済、銀行振込(三菱東京UFJ銀行)、クレジットカード、コンビニ決済、ATM決済 (ペイジー決済)、銀行ネット決済、代金引き換え、分割払い(ショッピングクレジット)
コストパフォーマンスのよさに注目
マウスコンピューターは低価格で性能の高いPCが購入できるコストパフォーマンスの高いショップブランド。ラインアップも超激安なものから、家庭で使うAV機、3D性能の高いハイエンドのゲーム向けブランドとしてG-Tuneが用意されるなど幅広く展開されています。デスクトップタイプではOS付きで39,900円~、液晶モニタがセットになったものでも49,980円と非常にリーズナブルな価格設定になっています。組み立ては国内生産でクオリティも高く、全国に店舗を構えているためショップブランドというよりもPCメーカーに近い存在です。BTOメニューは基本セットごとに性能や価格、そのタイプなどがわかりやすく分類されていますから、初めての方でもわかりやすい作りになっています。
送料 1台あたり3,000円(税別)
出荷 最短翌日~1週間程度
保障期間 1年間無料+最大3年までの延長保証+追加保障
支払方法 銀行振込、代金引換便、コンビニ決済、クレジットカード、ショッピングローン(ジャックス)
知る人ぞ知る人気のBTOブランド
BTO通販専門のサイコムは、知名度は低いですが、まさに知る人ぞ知るといった隠れた人気のBTOブランド。サイコムで取り扱っているPCの販売台数のおよそ半分が官公庁や学校などの教育機関であるという導入実績がその品質と信頼性の高さ、そしてサポートの充実を物語っています。ショップブランドですがそのラインアップは省スペースPCやキューブPCから高性能のハイエンドモデル、ゲーム用のハイスペックモデルそして特別な静音パソコンまで豊富にそろっているのが特徴です。低価格で信頼性が高いことを重視しているため、パーツの選択肢は少なめですが、納期も早く安心して使えるブランドとして初心者の方から上級者の方まで幅広い方におすすめする当サイトイチオシのショップです。
送料 1台あたり1,500円(税込)ヤマト運輸
出荷 3日~1週間程度
保障期間 1年間無料+最大3年までの延長保証
支払方法 銀行・郵便口座振込、代金引換、セブンイレブンでのお支払い、クレジットカードでのお支払い、ショッピングローン

関連ページ

BTOパソコンの相場
BTOは価格の安さが魅力ですが、どうお得なのか判断することができていますか?パーツの評価の仕方や保証内容などを考慮してどうなのかを見極めましょう。
ノートとデスクトップ
BTOでまずノートとデスクトップどっちがいいのかを考えてみましょう。手間がかからないノートと拡張性の高さと自由度が魅力のデスクトップはそれぞれメリットとデメリットがあります。
各パーツの役割
BTOパソコンはパーツを選んで組み合わせられるのが魅力。自作パソコンで大きな不安要素になる相性問題などをクリアできているのでその点では安心できるのもいいですね。
カスタマイズのコツ
BTOでパソコンをカスタマイズするときは、CPUとメモリと記憶ディスクに注目。それぞれに目的に合った選び方があるんですよ。詳しくはこちらでご紹介していきます。
パソコンの買い方と注意
BTOパソコンを通販するときには、デスクトップPCならモニタが付いているかどうかや送料がいくらぐらいかを必ずチェックしましょう。また、期間限定の無料グレードアップ企画などは逃さないように注意!
オプションと保障
BTOは自作する知識があるような人にも選ばれています。その理由の一つに保障がついていることがあると思います。無料で受けられる基本の一年保証でも十分初期不良対策になります。
メーカー製との違い
メーカーとショップでBTOがどう違うかですが、大手メーカーの場合優れたデザインやテレビ一体型などの機能性の高さがそろっていますが、ショップの場合は汎用性の高さで勝負という感じですね。